風のゆくえ風のゆくえ ~ バリ島の風 湘南の風 ~

ペニダ・ビューのプール



ペニーダ・ビューには小さなプールが3つ。レセプション近くに2つ、ビーチ側に1つ。
ビーチ側は海との間にレストランがあり、レストランより少し低いところにあるので海は見えません。
子供がぎゃいぎゃい遊んでいたので、写真は撮りませんでした。
レセプション近くのプールでも子供も大人もぎゃいぎゃい遊んでいましたが、最終日の午前中は人も少なく、貸切状態。
緑も多くて気持ちのいい空間だけど、プールの水は白く濁ってて、ちょっと不安。
サンデッキもパラソルも使いこまれてて、清潔感はなし。
パラソルのカビは気になるけど、このクラスのホテルなら仕方ないですね。
人が少なくてのんびりできる小さなホテルは好きです。

ツイートツイートする

ペニーダ・ビューの2BDRM FAMILY

 
 

今年のお宿はPeneeda View Beach Hotel(ペニダ・ビュー・ビーチ・ホテル)の2BED ROOM Familyです。
コソンと2人きりなのに、なぜに2ベッドなのかといえば、バスタブがあるのがこの部屋だけだったからです。さらに言えば、コソンと私は「性格の不一致」ならぬ「温度の不一致」。コソンは暑がりで冷房をガンガン掛けますが、私は冷え性で寒さには耐えられないタイプなのです。自宅なら肌掛け布団などを自分で勝手に掛けますが、旅先では薄いシーツ1枚なんてことも多いので、温度を調節するのが難しい。この際、別々に寝てしまってオッケーという環境を選びました。

部屋に入るとすぐにツインベッドルーム、左側にテレビとその下に冷蔵庫。冷蔵庫内のファーストストックは無料でした。コーラくらいしかなかったかな?飲み物やチョコなどがぎっしり詰まったミニバーより、自分で買ってきたものを入れられるこういう冷蔵庫の方が便利ですね。右側(ベッドの向かいの窓際)にはベンチがあります。テーブルはなかったので、隣の部屋からスツールを持ってきて代わりにしました。隣はダブルベッドルーム。古材を使ったライティングデスクが窓際に置かれています。でも結局ツインルームで仲よく寝たので、この奥の部屋はただの物置と化していました。

バスルームはずいぶん広くて、バスタブ、トイレ、シャワースペース、洗面台にワードローブまでありました。このワードローブの中に金庫があります。バスタブにはうっすらとほこりがかぶってる感じ。ハンドシャワーがついてないので、流すこともできず。ちょっと不便でした。お湯はたっぷりでます。洗面台には歯ブラシが置いてありました。外国のホテルで歯ブラシがあるのは珍しいですね。
ペニーダ・ビューの口コミはこちら

ツイートツイートする

ちょっぴり早起きしたサヌールの朝

2010/07/03
3日目
サヌール/バリ島


サヌールの朝 サヌールの朝
漁夫 祭りのあと

夕食の帰り、海へ出たらそこは暗幕に包まれたような真っ暗闇で、満天の星に迎えられたのでした。南半球は知らない星座ばかり。それどころか星座には関係のない星が砂を撒いたように散らばっていて、圧倒的なその星の量に宇宙の無限を感じたのでした。

あくる朝、いつもよりちょっとだけ早起きしてビーチへ。残念ながら雲の多い天気だったけれど、海は鉛色に輝いて、油のようにてろてろと揺らめいているさまは、それはそれで美しいものでした。海の中を漁夫が歩いて来て、網を放って魚をとるようすをふたりで黙って眺めていました。波に打ち上げられた椰子の実が等間隔に並んでいるのが面白く、何枚も写真にとりました。

ペニーダビュー前のビーチは砂が浸食されてしまったのか、遊歩道からずいぶん下がっているうえに波打ち際が近く、くつろぐためのビーチではありませんでした。隣のハイアットはきれいに整備されているけれど、人であふれているところが好きになれません。

ペニーダ・ビューの口コミはこちら

ツイートツイートする

Peneeda Viewで朝食

2010/07/01
2日目
サヌール/バリ島


Peneeda View
Peneeda View Peneeda View Peneeda View

1日目は移動で終わってしまいました。イミグレーションは遅々として進まず、今年も1時間半超え。へとへとになってペニーダ・ビュー・ビーチ・ホテルにチェックイン。ポップミーを食べてダウンでした。へとへとになっていても食べるものは食べるのです。コソンなどはビンタンまでもしっかり飲んでの就寝でした。そりゃそーです!ビールを飲むためにコソンは生きているのですから。

2日目は起きたらまずご飯です。海辺のレストランは意外とセンスの良いラタン風のテーブルセットでした。海風が気持ちいいです。
パンや卵など選べますが、私たちはインドネシアンにしてみました。パンより麺やご飯が好きなのです。
コソンはミーゴレン、私はナシゴレンです。ジュースはコソンはスイカ、私はパイナップル。フルーツはバナナ丸ごと、角材の様なパパイヤなどなどかなり素朴です。動物のえさ感は否めませんが、この素朴さもまた味わいのうち。ナシゴレンはそんなに美味しくありません。ミーゴレンの方が味が良かったです。でも油が多くて胃がやられてしまいました。頻繁にコーヒー・紅茶のお代りを持ってきてくれるので、コソンは3杯もコーヒーを飲んでいました。この後コソンはおなかを壊すのですが、このミーゴレンとコーヒーの飲みすぎも原因の一つに違いないと睨んでいる私です。

ペニーダ・ビューの口コミはこちら

ツイートツイートする

タンジュンサリ(Tandjung-Sari)の朝ご飯




↑Click Please

朝焼けを見た後、二度寝してしまって、眠気眼で朝ご飯。
朝ご飯は海の見えるレストランで。
海からの湿った風でこの寝ぐせ・・・直らないかしら。

フルーツ。
フルーツジュース。
アメリカンまたはインドネシアンフレックファスト。
紅茶またはコーヒー。
メニューにあるものはどれだけ食べてもいいらしい。

フルーツは指定しなければ、四角くカットされた盛り合わせが、指定すれば指定したフルーツさんがやってくる。
ヨーグルトを掛けてもよいらしい。

いつもは朝ご飯を食べないコソンも、バリではもりもり食べる。朝からおなかいっぱい。

でもある朝、卵料理とパンを頼もうとするコソンに、
デニッシュが食べたい!デニッシュ!デニッシュ!と言ったのに、コソンは頼んでくれなかった。

まだまだ機嫌は直らないらしい。
あたしが何したっつーんだ(`Д´) ムキー!

丸々一カ月バリ島をふたりで旅したこともあり
密着生活でも飽きないし、ケンカもしないなぁ
わたくしたち仲良し♪と思っていたのは私の幻想で、
実はコソンはずっと機嫌も悪く、
私といるのに飽き飽きしてたのかもしれん。
・・・でも、日本にいてもべったりふたりきり。

ツイートツイートする

ウニの棘が刺さる

ビーチでぼっへり♪気持ちいい。
あの高い波の近くまで人が歩いて行ってる。私とコソンも行ってみることにした。コソンはもっと近くで波がみたいのだ。
海の中は深さ20センチくらいの草地(海の草だけど)の中に腰くらいまでの深さの砂地がところどころにある。水はきれいで透明。そして温かい。
深くなっているところの淵にウニがいる。浅瀬に登るときにウニに触れてしまいそうなので私は行くのをやめた。コソンはちょっと先まで行ったけどやはりすぐに戻ってきた。コソンは裸足だったので足が痛くなってしまったようだ。
戻る途中、コソンはウニに刺された。毛抜きで抜こうと試みたけど、ウニの棘は柔らかくてまるでひじきのよう。毛抜きじゃ抜けないみたい。

「どうしたの?うに?」と後ろから声を掛けられる。ウニの棘は抜けないらしい。「叩いておわり」と言われたけどどういう意味かと首をひねっていたら、その人はどこからか石を持ってきてコソンの棘が刺さってるとこをコンコン叩いた。コンコンコンコンコンコン。
その後、どこからか草の枝を持ってきた。見たことがある草だ。折れたところから白い汁が出ている。その汁を傷口に塗ってくれた。

海に浮かぶコソン
海にはウニがいっぱい石でコンコン叩かれ…怪しい草の汁を塗られるコソン

後で調べてみたら、あの草はミルクブッシュらしい。けど、旅行の直後に調べた時は「薬として用いることがある」と書いてあったのに、今もう一度調べてみたら、どこも「白い汁はかぶれる」と書いてある。むむむ?違う草?

手当をしてくれたのはサヌールでガイドをしているジャイアンさんだった。以前、nayaちゃんとサヌールで会った時にも声を掛けられたのだった。ウルワツへ誘われたので行くことにした。コソンも退屈そうだし。

ツイートツイートする
Recommend

デトックス・ヨガが満喫できるバリ島ツアー


゜:*★バリ島のオプショナルツアー予約Alan4.net★*:°


旅の指さし会話帳を国名で探す
食べる指さし会話帳
iPodでとにかく使えるシリーズ


旅の指さし会話帳 指さしペン「2インドネシア」セット
ペンでさすとネイティブスピーカーの音声で代わりにしゃべる『指さしペン』



旅の思い出はフォトブックに♪
オリジナルフォトアルバム



海外146ヶ国WiFi定額
手数料不要で最安値!
1日500円~
24Hサポート、4ヶ国語対応はこちら




癒しのガムランボール
マンゴスチン型特大サイズもおススメ。



天然香水‐フランジパニ、チュンパカ、ジャスミンなど



アラム センポールの練り香水



バリコスメ
ブルー ストーン、ウタマ スパイスなどバリ島のコスメ♪



大人気ムスティカラトゥ
ホワイトローズウォーターやマスカールなど。



マルタティラール社の大人気シリーズ「サリアユ」



アラムセンポールのサシェ



ヨガウエア&ヨガグッズ



アイランドミスティック ソープ



ジャムウ



幸せを呼ぶ ガムランボール(ドリームボール)



ムスティカラトゥのジャムウ ダイエット茶のスリミングティー



セルライト対策用のダイエット系ジェル ムスティカラトゥ・スリミングジェル



バリ島絵画